ブログ

手相から見える疲労

 

 

 

アレーゼ湘南の保険部です。

今日はもぐりんがおやつではなく寿司に始まり寿司に終わる一日なので代わりに。

 

 

師走ですね。

一日一日というのはあっという間で2019年ももう数えるほどしか日がありませんね。

この時期、皆さまはお仕事の追い込み、上司への気遣い、忘年会と多忙を極めているのではないでしょうか。

 

 

お疲れではないですか。

 

 

家計、そして保険もそうですが、収支のバランスの上に家庭があるように

疲労体力のバランスの上に仕事とプライベートがあるのではないでしょうか。

 

休むということはイスに座っていたり寝転んでいることではなく、自然に触れておいしい空気を吸ったり、仲間とスポーツをしたり、舌鼓をうつ料理を味わったりと、いつもの日常とは違うことが体力を戻してくれるように感じます。

 

これまではどこか「休まずに働く」ということが美徳とされていた時代でしたが、もはや不正義の時代になってきているのかもしれません。

そして自分だけがではなく、周囲の方の疲労過労も気にかけていく時代になってきたと実感致します。

 

 

 

皆さまの健康が促進され経済の成長に繋がればと願います。

全ての人に健康と福祉を。